« 明日は ( オートバイ ) | トップページ | 朝食 - これ捨てろ〜ル な 日々 »

2018年9月22日 (土)

今までそれ、無意識的に逃げていました!

初めてこの方のブログにアクセスした時、わあ〜!可愛い方だ〜!本のデザインや写真のチョイスもすごく可愛い〜!ってビックリしたのを鮮明に覚えています。

そんな可愛いだけでもすごいのに、ブログの内容もなるほど!たしかに!そういうことか〜!と、気付かせて下さる方。
本田晃一さんがブログで紹介されてて、そこから知ることが出来た方。
宮本佳実さんです。
私は昨日、自分が応援しているタレントさんの舞台へ元気に行ってまいりました。
この舞台を観るのは2回目。
先週観に行ったばかりの舞台。

先週、席が最後列から4番目だったにもかかわらず、オペラグラスを忘れました。
普段眼鏡は使っていませんが、さすがに遠くて表情が見えないので声と身体の動きを見ながら、舞台全体の様子を楽しむことに努めた先週。
表情で演技してる部分もあったようで、それが見えないことは残念でしたが、とても感動的な舞台でもう一回みたい!と願い、チケットを探して昨日行ってきたのです。

席は一回目に座った場所の2つ隣り。
見え方もほとんど変わりません。
ですが、ちゃんとオペラグラス持ってきました〜!
ウキウキと始まりを待ち、幕が開き、先週見れなかった表情をオペラグラスで追って。

結果、ビックリするほど、舞台を楽しめなかったのです。
もやもや〜、もんもん。
スッキリしない変な感じが胸にぐるぐる。

帰り道あれ?何でこんな気持ちになってるんだろう。先週があんなに楽しかったから、チケット探してまで行ったのに。と、電車に揺られながら考えていました。
モンモンとしながらも、舞台の良かった部分を探しはじめました。
折角家族が送り出してくれたんだから、楽しかったと笑顔で帰りたかったのです。

しかし、心の奥では絶えずモンモン。

家に帰り、家族にお礼を言って、休憩がてら、ブログを見ようとアメーバのマイページを起動。
たまたま宮本佳実さんが上にあげた記事を更新していらっしゃるのに気付きました。
ウキウキした気持ちで、さっそく拝見したのですが。

そこには、私が今感じているモンモンをスッキリ解決する方法が、明確に書かれていたんです!!!

すごい!
モンモンするなら、
まず、モンモンや嫌なことに光をあててみる。

ここ!多くの人が、嫌なことやモンモンすることから、
目をそらして、みないようにして、
だからモンモン止まらないってスパイラルに陥いるから。
ハイ!それ、私〜!!!
ええ〜!モンモンに光を当ててみるの!?
そんな恐ろしいことやったことない!

イメージで言うと、怖がりな人が暗がりにわざわざ行って肝試しする感じ。
高所恐怖症の人が観覧車人る感じ。
ジェットコースターダメな人が富士急ハイランドのFUZIYAMAに乗るようなもの!

無理無理〜、汗。

と思いながらも、今年は動く年なので、レッツ行動、泣。
嫌いはNO怖いはGOだと、椎原さんの本に書いてあったし、泣。

なので自分がどんなことにモンモンしたのかを振り返ってみました。
そうしたらねとんでもないことが二つも分かってしまったんです!!!

舞台の前半のストーリー展開が苦手。
や、やばい!これはどうにも出来ないわ〜!
まあ確かに、応援してるタレントさんが出てなかったら、全く興味のない舞台でもある。
当たり前だけど、お話って最初に事件が起こるでしょ?
それが益大きくなっていって、だからこそ、最後の結末が鮮やかになる。
でもこの舞台で起こる事件が個人的に苦手、汗。
怒鳴り合う声とか、殴り合いのけんかとか、演技でも見るの苦手なんです。
最後の演出はとても素敵で感動的なので、私はこの舞台を好きなんだと思い込んでいました。

応援してるタレントさんの顔が、そんなに好きではなかったみたい。
ええ〜っ!?コレ、かなりショックだった。認めたくなかった。
いや、方向性は好きな顔なんですが。方向性とは。
でも、顔が好きで応援し始めたわけではなかったので当たり前なのですがちょっとショック。
それなのに、オペラグラスでその人だけをみる舞台は、面白味が激減するのも当たり前の事。
全体の中で、その人を注目するならまだしも、オペラグラスは丸くその人だけを切り取り、周りの情報は耳から入る音だけ。
舞台そのものの楽しさをちゃんと感じることが出来なかったんですね。
1回目に見た時は、ストーリー展開を知らないから、あ、次、苦手なとこが来る!やだな〜。って先に思ったりしませんでした。
オペラグラスも持っていませんでしたから、動く舞台装置、映像演出、盛り上げるダンサーの方の動き、全部を視界に留めながら、役者の方の動きを追う、一番私にとって向いている舞台観賞法を図らずも実践していたのです。
物凄く楽しかったわけだわ。

モンモンに注目すると、自分が嫌だと感じることが明確になる。
そうするとやっと、何が好きかも明確になる。

それを体感しました〜。

いえ、それ以上のものに気づけたと感じています。

そして、そのタレントさんを応援する熱が、平熱に戻ったような感覚。
旦那さんにその気持ちの変化を話したところ、オタクじゃなくなって、穏やかに応援できるようになったんだよ。と肯定してくれました。
確かに、焦りを伴う熱狂的な気持ちは消え、穏やかに、タレントさんの成功を願う気持ちだけが心に残っています。

興味が無くなったわけではなく、何が何でも!という気持ちが無くなって、もっと穏やかで安心してゆったりした優しい気持ちが残りました。

モンモンとしたら、怖がらずに、自分がどんなことを嫌だと感じたのかに向き合っていこうと思います。
そうすることで自分の好きも明確になるのだと、分かったので!

モンモンはいつもスルーしてたよ〜。
そのうち時間が経てば消えるからさ〜。
しかし、こんな大事なコト、タレントさんのファンを6年もやってて今更やっと気づけたなんて〜!
ビックリ過ぎる〜!

とてもいい経験をありがとうございました!

« 明日は ( オートバイ ) | トップページ | 朝食 - これ捨てろ〜ル な 日々 »