« 「日大の見解に強い疑念」関学大、再回答書への見解全文 | トップページ | 竜の夜からの脱出 »

2018年5月27日 (日)

FX初心者講座私流〜ボリンジャーバンドの使い方〜

今日は、私がボリンジャーバンドをどのように使っているか説明していきます。

ボリンジャーバンドとは?
トレンド系のテクニカルインディケーターの1つです。
移動平均線と標準偏差で構成されていて、
下記パーセンテージ内にロウソク足が収まるであろうと予測するツールです。

1の範囲内に収まる確率約683
2の範囲内に収まる確率約954
3の範囲内に収まる確率約997

数字並んでるだけで、拒否反応でるわ!(笑)

要するに、この2〜3までの間にロウソク足が収まる確率が高いよ〜、
という事です。

こんな感じちなみに、私は2までしか表示させてません

見にくかったらすみません(;)
このボリンジャーバンド、略してボリバンを駆使して日トレードしてます。
主に、下記場面で使ってます。
トレンドの判断
ボリンジャーバンドミドルラインの傾きでトレンドを判断。
ミドルラインの角度によって、トレンドやレンジの判断をする。
また、バンド自体が拡大してきているのか、閉じてきているのかも見ている。

2を使って利確の判断
利確する際の目安にしてます。

逆張りの判断
逆張りをする時に2をはみ出しているか等の目安に使っています。

順張りの判断
ミドルに反発するかしないか等順張りする際の押し目戻り目の
エントリータイミングを計るのに使ってます。

等、トレードする時に愛用してます。結構、優秀じゃないですか
慣れていない方は少し難しいかも知れませんが、
慣れてくると離れられなくなります(笑)

実際、他のトレーダーさんでも使ってる方多いですね!
私もとても好きです。

利確やエントリーに使う時は、環境認識上位足とセットで使ってます。
また、そこら辺の手法についても少しづつアップしていきますので、
楽しみにしていて下さい!

お読み頂き、有難うございました()

« 「日大の見解に強い疑念」関学大、再回答書への見解全文 | トップページ | 竜の夜からの脱出 »